きつい脇のニオイ

私は夏だけでなく冬でも脇のニオイには気を付けています。なぜなら、寒くなると重ね着をすることでワキ汗ををかくようになるからです。脇のニオイはロールオンタイプのデオドラントを朝塗っておくことでだいぶ抑えることが出来ます。

ワキ汗が蒸れやすいこの時期は着る服によっても脇のニオイに気をつけなくてはなりません。最近はやりの裏ボア素材の服など、意外と蒸れやすかったりするので、危ないなと思ったらデオドラントでしっかり対策します。

デオドラントを怠ると、洋服によって蒸れた脇汗のにおいがとてもきついことが分かります。この臭いは洋服にもついてしまうので、羽織りものでもすぐに洗濯をしなければならなくなるなど、面倒なのでできるだけ服に臭いはつけたくないものです。

ワキ汗は一年中出るものなので、冬でもニオイ対策は万全にしなければなりません。汗は拭けばなんとかなりますが、ニオイは一度ついてしまうと1日中不快な気分になってしまうこともあるからです。

先月30歳になり世間で言うところの「アラサー」へと本格参入したわけなのですが、一昨日その「洗礼」とも言うべきような出来事が起こりました。

それは首周りの臭いなんです。自身でもときたまちょっと異臭がするなとは気付いていたのですが、家族から「首のところなんか臭いよ!」と注意され落ち込んだ次第です。

臭いの発生原因は何個かある感じがするのですが、すぐに思い浮かぶものといえば「運動不足」と「食」です。現在は座り続けて仕事をしていて歩く時間も少なくなったので、明らかに運動不足です。食べ物については出来るだけ栄養バランス良く摂るようにしているのですが、おかしをバカ食いしたり、ビールなどもやるのでもしかしてそれが良くないのかも分かりません。

それこそ、40歳手前のあたしにとって身体の匂いで騒がれるというのはキツい話です!この体臭は早急に治さないと最後には出掛けるのもおっかなくなってしまします。

何をどうすればいいか明確な対策は現段階では思い付いていませんが、何はともあれ先ずは運動量を増やしてみます。それから汗取りシートやデオドラントクリームを利用して臭いの軽減を図ってみたいと思います。

体には様々な臭いがあるのですけど、特に気になるのは頭の臭いだと思います。他人ではなく自分の頭皮の匂いが気になって仕方ありません。ドライヤーをした時ににおうのです。

わたしが対策としてしているのはシャンプーする際に頭皮ブラシを使って皮膚をすべてゴシゴシと洗っています。念入りに洗った次の日にはドライヤーで乾かしても臭う事はないのです。
だけど、気にしすぎてゴシゴシと力みすぎるので頭皮を傷つけてしまいそんなにしないほうが良いのではないかと思います。

だから頭皮ブラシは週に2・3回です。頭皮ブラシを使わないときは指の頭でこすり洗いをしています。でも、これがかなり疲れるんです。今気になっているやり方が「湯シャン」というやり方です。

シャンプーを使わずにお湯だけで洗髪するそうなのですが、続けて行えば余計な皮脂が出なくなるため本当にシャンプーを使わずともにおわなくなるそうです。水道料金もシャンプーを使用する場合とそれほど変わらないらしいので試しにやってみようと思いました。