お肌がボロボロになった経験からストレスと美容は大きな関係があると実感

美容で心がけたいことは、「ストレスをためないようにする事」これにつきますよね。

普段の私は、結構細めで、自分で言うのもなんですが、周りの友だちから「モデルっぽいね」なんて言われますし、肌の様子も絶好調なんです。

だけど、半年ほど前に体調が悪くなって入院したとたん、体重がドンドン増えていって凄く太りました。

肌の様子もあり得ないくらいボロボロになってしまいました。

ベッドでずっと横になっていることが駄目なのかな?と思いきや、実はそれが原因ではなかったようで、入院しなくてはいけないという事がストレスになっていたみたいです。

入院をする以前、(だいぶ前の事ですが)ストレスをためすぎて体重激増、お肌もボロボロになったので、ストレスと美容は大きな関係があると思っています。

化粧品にはこだわっていいものを使い、運動をしていたとしても、ストレスが溜まっていては、真の美は手に入れられないのかもしれないですね。

美容とひとくくりに言っても、たいへんな事なのですね。

女度をアップするのに第一にテーマとなるのは主に外見を磨く事です。

それはそれで大切な事ではありますが、あたしはメンタル面の方が重要な気がするのです。

個性は個性としてそれをうまく軸にして欠点を美点に、そうして誰にでもソフトな物腰で人と付き合い愛される女性になる事こそ女性的魅力の向上に結びつく感じがします。

女子力が高いって結局気遣いができてエレガントで、なんと言っても「笑顔」が印象的な方ではないでしょうか。

だからどんな人にも「スマイル」で思いやりがある方は自動的に女子力とかも磨かれて行くと思っています。

近ごろではどちらかと言うとクールで格好いい方が評判がいいようにも思えますが、あたし的にはそれが男の人みたいだなぁと感じちゃうのです。

もちろんキレイだなとは感じます。

心をさらに磨いて、そうして外側や空気感も変化させていくほうが楽チンだし、自分に合ったスタイルとかも探しやすいはずです。

わたしも今以って女っぷりを上げているところですが、気を配り丸みをもって応対するとやっぱり周りは喜んでくれるだろうし、わたしも接してくれたら素晴らしい女性だと感じるので、試して見てほしいですね。

わたくしは美肌のために、体中しっかり保湿するように気を付けています。

蒸し暑い日もシャワーのあとの保湿ケアは絶対です!とは言うものの、ミルクとかで保湿ケアをしてお肌がベタっとしてしまうのは不快です。

夏の間はボディローションをつけるのは苦手でした。

それで爽やかな使い心地なのにお肌はしっとりするはと麦ローションを顔も体も浴びるように使っています。

リーズナブルなので、ケチることなく全身に惜しむことなく使えるのでお勧め品です!ハトムギ化粧水をたっぷりとつけて、乾燥対策をするようになって肌の調子がすごく良くなりました!

特に乾燥の気になる冬とかは、インフルエンザなどの感染も防げるので部屋の湿度を下げないように加湿器をつけて寝ています。

寝る時に加湿器を使い始めてから、肌もカサカサしなくなりました!前は、夏の間は全く、乾燥を防ごうとはしませんでした。

ムシムシしてからだや顔はベタつきがあるのにお肌はつっぱることがあったので乾燥肌対策をするようにしました。

無精者の私でも手間なくできる、お肌の潤いを保つことは、美容のためにこれからも続けていきます!