最近は「ゆるい糖質制限」って感じのメニューになった

穀類や麺類が有している糖質は、血糖値の上昇が早く、そういったものばかり口にしていると、体のなかで余ったエネルギーは体脂肪となってしまいます。

わたしは前はそういう知識がなかったので、朝食はトースト1枚、昼ご飯は野菜ラーメン、夕食はレディース用のカツ定食など、沢山食べるわけではなくても、糖質過多メニューだった時代もありましたが、最近は「ゆるい糖質制限」って感じのメニューにしています。

朝ご飯は炭水化物を摂取する時はほんの一口程度にし、蒸し野菜サラダや野菜入りみそ汁、果物控えめのスムージーなど、野菜類とフルーツ類を多く摂るようにしています。

ランチタイムはフライ系は食べないようにし、お肉と野菜の炒め物や、魚のムニエルなど、手軽な調理法で調味料が控えめなものを主菜としています。

夜はお肉と野菜の豆板醤炒め、豚肉と白菜の重ね煮、、焼き魚やイカの炒め物などを中心に食べています。

食事量制限というダイエット法とは違い、「糖質制限」は、体に必要不可欠な栄養成分が十分に摂取出来るので、体調維持にもなり、しかも体重は減らすことができますし、知り合いなどに「減量に躍起になっている」というアピール感も出ないので、こっそりダイエットを実行できるのもうれしいです。

わたくしの美肌方法は、何と言いましてもウォーキングと、バランスよく食べる事です。

どうしてかと言うとお通じが良くなる効果があるからです。

お通じが無いと、肌が荒れてにきびや吹出物に悩まされますよね。

しまいには、口臭までしますよね。

歩いていると思いのほかお腹を動かしてるみたいで暫く歩いていると、便意をもようしお手洗いに駆け込みます。

しっかり食事をしたあとにウォーキングに出かけるとてきめんに便意をもよおしてきます。

肌をケアするだけでは肌トラブルや口臭などを治そうとしたって限界があると自分は、思うのです。

だからといって、便秘のクスリは使いたくない。

そんなある日ウォーキングしていると便秘解消されることがわかりました。

ウォーキングを続けて、2週間ほど調子よく快便だったのです。

ところが、生理の前はどうしても便意を感じなくなるんですよね。

あたしも毎回困ってしまいます。

そうなったら寒天を食べるようにしています。

心なしか、効いているような気がします。

でも、生理が済んだらまたお通じは良くなります。

女性って本当にめんどくさいですよね。

今後も、たっぷり食べてたっぷり歩いて、お通じを整えて美しい肌になりたいです。