歯の悩みはつきません

歯については、いくつか悩みがあります。
中でも1番悩んでいることは、歯の着色汚れです。

きちんと歯磨きをしているつもりでも、ステインが茶色く残ってしまっています。コーヒーやチョコレートが好きでよく飲食するせいもあるのでしょうが、特に前歯の隙間の着色汚れが目立つことが悩ましいです。気がついた時に歯消しゴムのようなものでゴシゴシ落とすのですが、またすぐにできてしまいます。

また、歯全体の黄ばみも気になります。

以前流行ったアパガードのような歯を白くする歯磨き粉を使い続けていた時期もありました。しかし効果のほどはわかりませんでした。歯の黄ばみも着色汚れも、清潔感なく見えるので悩んでいます。

今は友人が教えてくれた自宅用ホワイトニングが気になっています。効果が出るまではしばらく使い続ける必要があるそうです。

そして、歯と歯の間に隙間があることもずっと気にしています。

私の歯は一つ一つが小さいので、隙間があいてしまっているのです。前歯の隙間はカッコ悪く見えます。奥歯は繊維質の物が挟まりやすく、困っています。また、歯が小さくて磨きにくいのも難点です。
このように歯の悩みが常につきません。

年齢と共に歯の悩みって増えているような気がします。しっかり歯磨きやデンタルフロスを使っていてもなんだかいつも口の中がすっきりしないのです。口の中がねばついているような。磨き方が悪いのか、年齢のせいかよくわかりません。

歯垢がよく落ちないと歯が黄色くなってるよとよく言われるようになったので、たまにゴムのようなもので歯をこすったりしています。しかし、一時的にすっきりしたかな程度でまた歯がねばつくの繰り返し。こればっかりはもう気づいた時にお手入れするしかないんでしょうか。

デンタルリンスも一時期試したこともありました。しかしこれもそのときだけといった感じですぐやめてしまいました。アルコール成分が入っていると口の中がピリピリするんでノンアルコールタイプを買うのですが、価格がけっこう高いので継続をためらってしまうのもあるんですね。毎日使うとあっという間になくなってしまいます。

結局今は通常の歯磨きとデンタルフロスです。不満は残るものの、価格や続けやすさではこれがベストかなと思っています。寝る前になるべく食べ物を食べないのも大事なので気を付けていこうと思っています。

小学生の頃、歯医者に行くのがイヤで学校での歯科検診の結果を親に隠していました。
両親も仕事が忙しかったこともありあまり深く言及されずやりすごしていました。

乳歯が生え変わるときにうまく抜けず、抜け切らないままにしていたら、正常に生えることができなかった永久歯が横に寝転んで生えてきてしまいました。
その後、親にも歯科医師にも怒られ散々でした。

大人になった今でも永久歯は横に寝転んでままで、歯間がかなり空いているのでものが詰まりやすいです。
歯磨きもやりにくいので虫歯になり削って銀歯をはめています。とても削りにくかったので治療中は舌が動かないようにずっと押さえられていました。
フロスをやる時も密接している側の歯との間隔が少ないので力を入れすぎて出血してしまうこともあります。

子供の頃に怖いから行きたくないと言って嫌だったのを今はものすごく後悔しています。
今では3ヶ月に一度の定期検診に行きブラッシング指導やフッ素を塗ってもらいケアしていますが、自分の子供が生まれたら注意してみてあげようと思っています。